2018年9月6日木曜日

大槌シンポジウム 2018

ブログお久しぶりになって申し訳ありません。

山口です。

8月27日から28日まで大槌シンポジウムに参加させていただきました。

これまで参加した3回は大槌中央公民館で行われてきましたが、震災で被災した国際沿岸海洋研究センターが新たに再建され、今年はセンターにて行われてきました。

シンポジウムでは研究室から先生と学生4名が発表させていただきました。シンポジウムは学会と比較すると少人数ですが、発表の場や懇親会の場で研究の濃い議論や興味を持った話などができ、学生各々が非常に勉強になる場でした。

新国際沿岸海洋センター
旧国際沿岸海洋センター

大槌町は年々復興が進んでおり、来年からは釜石から先も鉄道が再開される見込みで毎年復興が進んでいらっしゃる姿に感動しています。
またシンポジウム以外の機会にも訪れたいと思いました!

花巻駅の風鈴 毎年飾られています
国際沿岸海洋センターの先のひょうたん島
神社があります




2018年2月22日木曜日

大白川

はい

年明けから2月上旬にかけて、新潟市内は毎週の様に雪が降り積もっていました。
等ブログも雪に関する記事が多く見受けられますね。

そんな雪の話題に事欠かない今年のNAOSですが、河島先生のお誘いで大白川の積雪観測に行ってきました。雪のビルディングを作成するため、大量の雪を掘り出す必要があります。そのため若い力が重宝されます。以下では大白川積雪観測の様子を紹介します。

まず、大白川への道中で夜の飲み会用の日本酒を確保します。
杉玉
















今回は約30人の参加者が集まったようです。
大白川到着後、雪壁に圧倒されながら観測ポイントへ向かいます。

雪壁、この時点で人間の身長よりも高い積雪です。

















 雪堀りの過程を紹介したかったのですが誰も雪堀り前の画像をとっていないのでいきなり完成形です。掘り出す前を見たい方はNAOSまたは災害研に入りましょう。
画面が白すぎてキューブが曖昧です。
豆腐のような雪ビルディングです。高さ367cmです。













2018年2月1日木曜日

TOTTORI 2018

また今年も行くことができました。
河島先生に感謝!

1月24から26日の、南岸低が過ぎ去った後の西高東低の冬風を山陰は鳥取で迎えて来ました。
24の午前は筋雲はなかなか上陸せずむしろ快晴でしたが、ちょっと南下してきたらガシガシ降雪してくれました。
その間、新潟は(全国的にも)寒波でてんてこ舞いになっていたようで、結果的にはナイスなタイミングで避寒してしまったようです。寒すぎず暑すぎず(平均で-3℃くらい)、ちょうど良い降雪(場所によるが平地は20cm、山間は50cmくらい)でした。

もちろん、フィールドワークのお手伝いで同行させてもらったのであり、そこはきちんとしてきたつもりです。そしてきちんと毎日ラーメンを食べるというメインタスクも遂行することができ、とても実りの多い調査でした。






2018年1月11日木曜日

新潟も…


山口です。

皆様、明けましておめでとうございます。

新年も本研究室をよろしくお願いいたします。

さて新潟でも…

















雪です!一面雪景色となりました!

新潟市で大雪警報が出たのはいつ以来でしょうか(^_^;)

普段は環境エネルギー棟から見られる新潟平野(綺麗な田んぼ景色)も今日は一面真っ白です笑

    

雪は好きなので嬉しいは嬉しいのですが、交通機関の遅延などが生じて大変ですよね...

(自分は自転車、徒歩通学しかしたことがないのですが)

自分が気象に惹かれたも雪だった気がします。冬の週間天気予報を見て、雪のマークがつくと

一週間前からワクワクでした(*^^*)(今でも変わりませんが笑)

この先も雪は降り続きそうですね...

皆様お気おつけてお過ごしください!!(自分も転けないように…)

2017年11月9日木曜日

秋季気象学会2017〜北海道大学〜




山口です。

秋季気象学会が10/30ー11/2に札幌(@北海道大学)であり、
今回は春日、滋野、山口がポスターでの発表を行いました。

私は初日の朝に出発したのですが、台風の影響で飛行機は揺れまくりでした…
また台風が寒気を連れてきたため、初日は霙も降ってました(非常に寒かった...)

雲が二層構造のようで非常に綺麗ですね(翼が重なってます…)
恒例の気象学会立て看板



発表は、初日に滋野、3日目に春日・山口でした。

滋野は今回も好評でした
山口は様々な意見を頂きました
春日はポスターの発表時間終了後も議論していました














終わった後は流石に全員疲れていましたが、様々な意見を頂き、今後の励みになりました。
ご意見いただいた皆様ありがとうございました。


札幌は食べ物も美味しく、いつも以上に食べてしまいました…(4日間で太ってしまったのではと心配する人も)
人生に一度は住んでみたいと思いました!!(一年で寒さに悲鳴をあげるかも...)



北大のクラーク像
北海道大学植物園のエゾリス(見つけられますか?)
   



2017年11月7日火曜日

雪氷学会2017@十日町

春日です。
雪氷大会2017@十日町に参加してきました。
今回は新潟開催というだけあって、災害研&山研のメンバーも総出で運営のお手伝いもしてきました。

雪氷の全国大会は始めて参加しましたが、気象学会と違って、どことなくあっとほーむな感じというか、あったかい印象を受けました。(気象学会をdisっているわけではありません)。

今回の開催は十日町試験地の開設100周年に合わせたものであり、100年間の苦労の歴史のお話や、実際に試験地を見学したり、講演会では「雪かき道場」なる新しい取り組みの成果を聴くことができたり、ただの研究集会に留まらないイベントが目白押しでした(そして、十日町は酒がうまい!)。


ゆきさんは論文賞,ちさとちゃんはポスター賞,おめでとう!来年は気象研からも受賞者が出ると良いですね.


IAMAS2017

春日です。8月28日〜9月2日にIAMASのジョイントセッションに参加してきました。
開催地は南アフリカ共和国・ケープタウンです。アフリカなのですが、海流の関係で地中海性気候でありセレブな避暑地として有名で、街並みはほとんどヨーロッパという感じでした。
国際学会というだけあって、名だたる研究者をナマで見ることができました。当たり前ですが、発表は非常に分かりやすく洗練されていて、とてもよい刺激になりました。
英語も,頑張んないとですね...

おもてなしはアフリカならではの民族的な儀式。

ポスター会場の感じ,謎アングル

ウォーターフロントの町並みと,テーブルマウンテンと,ハト
この近くのバス停に毎日お世話になりました.

ちゃっかりペンギンにも会ってきました.アフリカンペンギンという名で,種的にはフンボルトに近いそうです.


しかし治安は、、、。どこの国にも、良い人も悪い人もいて、だからこそどんな環境でも凛としていられることの強さを身を以って知ることができたように思います。

大槌シンポジウム 2018

ブログお久しぶりになって申し訳ありません。 山口です。 8月27日から28日まで大槌シンポジウムに参加させていただきました。 これまで参加した3回は大槌中央公民館で行われてきましたが、震災で被災した国際沿岸海洋研究センターが新たに再建され、今年はセンターにて行われてき...